×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

BACK



指揮者のプロフィール
岡崎 光治さん
NHK仙台放送合唱団音楽監督
 1954(昭和29)年東北大学工学部入学、1958(昭和33)年同大教育学部音楽専攻科卒。在学中は勉学に励むとともに男声合唱団に在籍し指揮者を務める。
 卒業後は本格的に音楽家の道に進み、合唱曲、オーケストラ曲、電子音楽など幅広い分野で優れた作品を生みだし、数々の名演を指揮して好評を博している。また、盛んな音楽活動で多忙を極める中、東北各県の大学・専門学校において音楽科非常勤講師を兼務し後進の教育に尽力してきた。
 これまで若松紀志子氏、福井文彦氏、熊田為宏氏、ヤン・ポッパー氏、島岡譲氏、田中信昭氏、ヘルムート・リリング氏に師事、作曲理論・指揮法等の教示を受ける。
 現在、日本作曲家協議会会員、日本電子音楽協会理事、仙台電子音楽協会代表、仙台作曲家集団所属、宮城県芸術協会参事、NHK仙台放送合唱団音楽監督。
 宮城県教育文化功労嘗、仙台市市政功労者表彰など数々の賞を受賞している。
高宮 誠さん
東北大学交響楽団名誉指揮者
 1954(昭和29)年東北大学理学部に入学し、ヴァイオリン奏者として東北大学交響楽団に入団。
 1957年に医学部に移り、それと同時期にコンサートマスターとなり卒業までその大任を果す。
 卒業後は医師として、また研究者として活躍する傍ら、長期にわたり常任指揮者を務めオーケストラの発展に寄与してきた。レパートリーは大変幅広く、古典からワーグナー、バルトーク及びフランス近代の作品にいたるまで、数々の名演奏を残している。1995年より同団名誉指揮者。
 幼少よりヴァイオリンを鈴木慎一氏に、ヴァイオリンとピアノを中島田鶴子氏に師事し、更に指揮法を斎藤秀雄、久山恵子両氏より学ぶ。
 東北大学付属病院講師、山形大学医学部助教授等を経て、現在東北厚生病院医師。


BACK